島やさい ウンチェー(空心菜) | 沖縄のカフェ オハナ食堂

沖縄の外人住宅にある  カラフルカフェ オハナ食堂





ウンチェー


《別名》空心菜、エンサイ、ヨウサイ
《旬》4月〜9月
《原産地》中国〜東南アジア




強烈な日差しが降り注ぐ沖縄に夏は、葉野菜があまり育たず、
そんな中でも元気に育つウンチェーは貴重な存在。
ストローみたいに茎が空洞になっていることから、
空心菜とも呼ばれています。

内地では中華料理や台湾料理屋さんで炒めものを食べたり、
デパ地下や高級スーパーなどで見かける中華野菜のイメージだけど、
沖縄では、夏場、直売所でもスーパーでも、めちゃめちゃ頻繁に見かけます。
しかも、内地のものより大きくって茎も太くてビックリ!

沖縄では「ウンチェータシヤー」と言われる料理が定番で、
豚肉と、にんにく+塩+醤油で風味をつけてさっと炒めます。
その他、茹でて和え物にしたり、汁物に入れたりもされ、
ゆで汁がとってもおいしいので、スープは特にオススメ!
生でも食べられるので、
やわらかめの葉っぱだけちぎってグリーンスムージーに入れても
青臭くなくておいしいです。

カルシウムや鉄分、ビタミンA、B、C、E、葉酸、食物繊維が
多く含まれ、その含有量はほうれん草の約2〜4倍。
疲労回復や貧血予防にも効果が期待されます。




オハナ食堂のメニューや、まかない等

_DSC7701.jpgウンチェーの炒めもの(レシピへ→◎)


o0400039913378391432-1.jpg茹でウンチェー&スープ


o0400040013362890940.jpgウンチェーのぐりーんすむーじー(レシピへ→◎)




→→『島やさい目次』へもどる
→→『沖縄のフルーツ目次』へ
→→『その他の沖縄食材目次』へ