パイナップル | 沖縄のカフェ オハナ食堂

沖縄の外人住宅にある  カラフルカフェ オハナ食堂





パインアップル


《和名》パインアップル
《旬》6月〜9月
《原産地》ブラジル


沖縄県内の直売所などでは
スナックパイン(ボゴールパイン)と、ピーチパインという2種類の品種が多く、
北部の名護とか東村(ひがしそん)、石垣島産のものをよく見かけます。

スナックパインは手でちぎって食べられるので、
その名がついたそう。

あとは、Nパインとかサマーゴールドなどの品種も
直売所で見かけることがあります。

パインアップルって
食べた後に口がイガイガする感じがして、実はそんなに好きではなかったのですが、
沖縄産のものは甘くて爽やかで
全然イガイガしなくて、ほんとにおいしい!!

果汁が底の部分に偏っているので、
葉の方を下にして1日ほど置いておくと、甘さが均一になるとか。

疲労回復に効果のあるクエン酸や
消化を助ける効果のある酵素プロメリンを含み、
食物繊維も豊富に含まれています。

オハナ食堂のメニューや、まかない等

_DSC7005.jpgスナックパインの酵素ジューススカッシュ


_DSC6889.jpgスナックパインのココナッツアイス(vegan)


_DSC8413.jpgスナックパインの黒糖ケーキ 台湾風




→→『沖縄のフルーツ目次』へもどる
→→『島やさい目次』へ
→→『その他の沖縄食材目次』へ