グアバ | 沖縄のカフェ オハナ食堂

沖縄の外人住宅にある  カラフルカフェ オハナ食堂





グァバ


《別名》バンシルー
《旬》8月〜9月
《原産地》熱帯アメリカ


沖縄本島では「バンシルー」、八重山では「バンチュル」、
宮古島では「バンキチロー」と呼ばれるグァバ。 
丸い形のものや洋梨っぽい形のもの、
果肉の色も白やピンクなどの種類があります。

南国フルーツのさわやかないい香り♪
私が今まで食べたものは
市販のジュースとかガムみたいな風味ではなく、
けっこうあっさりさっぱり、薄味の
ねっとりとした食感でした。
熟していものは皮ごと食べてOK!
わたしは種は食べないけど、食べる人もいるみたい。

そのまま食べるのもいいけど、ジュースに入れたり
ジャムにしたりするのもオススメ。

果肉にはビタミンCが220mg/100gあたり(レモンの約6倍)も含まれ、
この含有量はフルーツの中で第2位!

また、葉っぱはお茶として飲まれており、
近年、血糖値を下げる成分が含まれていることがわかり、
軽度の糖尿病には効果が期待されているとか。

オハナ食堂のメニューや、まかない等

o0400039913720740748.jpgプチトマトぐらいの大きさのストロベリーグァバ。


DSC_5006グアバ.jpgcoming soon!


DSC_5006グアバ.jpgcoming soon!




→→『沖縄のフルーツ目次』へもどる
→→『島やさい目次』へ
→→『その他の沖縄食材目次』へ