アーサ | 沖縄のカフェ オハナ食堂

沖縄の外人住宅にある  カラフルカフェ オハナ食堂





アーサ


《別名》ヒトエグサ
《旬》1月〜4月





沖縄のアーサは、県外の青のりやのりの佃煮に使われる
アオサとは分類学状、別の海藻。
初春には海辺の岩場で天然ものがとれ、
とてもいい香りがします。
生のものは風味や色が落ちないように
早めに冷凍するのがポイント!

スーパーや市場などでは乾燥したものが
1年中売られていて、
5分ぐらい水につけて戻してから使います。
砂やサンゴのかけらがついていることがあるので、
気をつけて取り除くようにしましょう。

食物繊維、カルシウム、カロテンが多く含まれ、
沖縄ではお吸い物やみそ汁などの汁物や
卵焼き、天ぷらなどに使われることが多いです。




オハナ食堂のメニューや、まかない等

_DSC3547.jpgアーサの酢の物


_DSC3566.jpgアーサのだし巻き卵


o0400039913585575335.jpgアーサ汁




→→『その他の沖縄食材目次』へもどる
→→『沖縄のフルーツ目次』へ
→→『島やさい目次』へ