島やさい ターンム(田芋) | 沖縄のカフェ オハナ食堂

沖縄の外人住宅にある  カラフルカフェ オハナ食堂





田芋


《別名》ターンム
《旬》12月〜4月
《原産地》インド、ネパール



サトイモの仲間ですが、
水をはった水田で作られことから「水芋」とも呼ばれます。

サトイモ同様、親芋と子芋ができ、
子孫繁栄を祈ってお正月や旧盆など
行事ごとには欠かせない高級イメージのお芋。

沖縄では、独特の食感と香りにファンが多く、
「ドゥルワカシー」という田芋とずいきの炒め煮や、
蒸して素揚げしたものを砂糖じょうゆで絡めた「唐揚げ」、
「田芋ディンガク」といって内地の栗きんとんに似た
砂糖を加えた甘い料理の他、
「田芋パイ」などスイーツも人気。

また、田芋のずいきは「ムジ」と呼ばれ、
アクをとって汁ものなどに使われます。

沖縄県産の多くが大山産(宜野湾市)と金武産。
生は悪くなりやすいので、通常は蒸したものか、その冷凍が
売られています。




オハナ食堂のメニューや、まかない等

20130116_38041_t.jpg田芋のディンガク(リンガク)


_DSC3537.jpg田芋とムジの豚汁風(作り方へ→◎)


DSC_4326.jpgcoming soon!




→→『島やさい目次』へもどる
→→『沖縄のフルーツ目次』へ
→→『その他の沖縄食材目次』へ